LAVAS「株式トレード セクターサイクロン」 レビュー

 

セクターサイクロン
詳細はこちらをクリック



安全確実にコツコツ利益を積み上げ、やがて複利効果で億単位の資産へ!





「株式トレード セクターサイクロン」は、あのLAVAS(レイバス)シリーズの株式投資マニュアルです。


この投資手法の最大の特徴は、ペアトレードを行うことです。買いポジションと空売りポジションを同時に持つことで、全体相場が上がっても下がっても利益を追求できるのです。


LAVAS「セクターサイクロン」のトレードは、「低リスク」、「安全第一」、「毎日コツコツと利益を積み上げる」、・・・といったスタイルです。


一度に、ドカーンっと儲けたい人には向いていません。もっとも、そのような人は、負けるときもドカーンっと資金を失うもの。市場から退場するハメになった「元カリスマトレーダー」に多いのもこのタイプです。


一方、長期間にわたって資金を増やし続けている人は、「セクターサイクロン」のような「低リスク・コツコツ利益型」に多いのです。


そのポイントは複利運用ができるかどうか、にあります。


ハッキリ言って、ハイリスク・ハイリターンのトレードで複利運用を行うと、いずれ破産します。負けた時のダメージが大きすぎるのです。


それに対して、低リスクのトレードなら複利運用でも破産の心配はほとんどなく、しかも、1日1%の利益でも取れれば、資金を安全確実に巨大化できるのです。


ちょっと計算すれば直ぐわかりますが、毎日1%の利益を出して、それを複利で回したら、資金は300日で20倍近くにまで増えます。600日で400倍近く、900日で8,000倍近く、・・・。


毎日1%の利益を確実に取っていくことがどれ程ズゴイことなのか、わかりますよね。LAVAS「セクターサイクロン」の手法なら、それも十分可能です。


その手法とは、大引けに「翌日上昇しそうな銘柄」を買い、「翌日下落しそうな銘柄」を売ります。注文は「引成」で出します。


ちょっと、変則的なのが手仕舞うタイミング。翌日の前引けに「引成」で決済します。


「翌日上昇しそうな銘柄」や「翌日下落しそうな銘柄」を探し出す方法が、「セクターサイクロン」最大のノウハウだと言ってもよいでしょう。


実は、株式市場の資金の流れを勘案して探し出す方法があります。市場では絶えず循環物色が行われており、上昇セクターや下落セクターは日替わりでコロコロ変ります。まさに、ここに目をつけた方法なのです。


「セクターサイクロン」の手法を実践するのに、大した時間は要りません。1日30分〜40分程度でOKです。特定の時間帯以外は、相場を見る必要もありません。


まだ、勝ち続けるトレードスタイルを確立できていない人は、1度「セクターサイクロン」を体験してみるとよいと思います。安全性が高く、大して時間もかからないので・・・。


詳細はこちらをクリック




LAVAS「株式トレード セクターサイクロン」のレビュー、効果、口コミなどの情報を公開しています。日経平均が暴騰しようが、暴落しようが、利益を追求できます。低リスク・安全第一で、毎日少しずつ利益を積み上げる投資法です。




LAVAS 225ブレイクショット 口コミ


LAVASシリーズ 日経225「スロー投資」のすすめ レビュー


オートマネー225V3 山本和彦 レビュー